2017-05-20

Thai food photo shooting days at Siam食堂



Key visual photo for Siam食堂


まるまる2日間盛り上がった自分たちだけのタイフードフェスティバル!!

とか言っちゃって実は、、

今リブランディングを手がけてる湯島にあるサイアム食堂のメニュー撮りとキービジュアル撮影のことです。

このタイ料理レストランを運営する株式会社リブゲートさんとはクリエイティブ系顧問契約を結んでおり、若手社員たちのクリエイティブ教育と指導に当たっています。

自分もいまだに若手で前線バリバリのつもりだけどいつの間にか指導する立場、今まで20年以上培ってきたノウハウを惜しみなく教えていくつもりです。






このタイ料理屋さんのメニューリニューアル、販促物、内装、食器などトータルでブランドを見直す案件が彼らの最初のレッスン。僕の講義と実戦を通してクリエイティブマインドを身につけていってもらおうと思ってます。もちろん技術的なことも教えますがそんなものはほっといても付くのでやっぱり考え方とマインド。





今回はカメラマン、フードコーディーネーター、シェフ、店長、運営会社の社員達など全関係者が揃う撮影現場。

メニューひとつ作るのでもこれだけの人数が動きます。明確な目的意識を持って何を作りたいかがクリアーになっていないと的確な指示が出せず無駄に時間が過ぎていくので常に「手段と目的」が何なのか?これを徹底して常に問いただします。






50アイテム以上の料理を全て作って撮影、その後ひたすらみんなで食べる。もうタイにいるよりタイ!笑な2日間でした。

このサイアム食堂のすごいところは、「日本人の味覚にアレンジした本格的タイ料理」っていうところ。これだけ連続して2日間食べても「舌疲れ」しないです。(タイ料理を昼夜2日間食べたら普通too muchになるよね!?)

食は基本、気候とマッチすべきもの。本格的なタイの味を日本で再現してもいいんだけどやはり風土に合わないと。日本を理解しているタイ人シェフが作る品々は全て本場を残しつつ日本人の繊細さにマッチした絶妙なバランスがとれてます。

暑い季節がやってきてタイ料理が食べたくなったらここはおすすめです。湯島って遠く感じるけど結構近いです。わざわざ行く価値あり


おすすめは、「パクチー嫌いの人がこれでパクチーが好きになった」人続出のパクチーの天ぷら&パクチーチャーハン。

パクチー食べられない〜!っていう男性の方にもおすすめです!
っていうか男だったら出されたもの全部食えよって思いますが笑。

定番のタイ料理もここで食べると「これってこんなに美味しかったんだ」と発見があるはず。お洒落な店内なのでデートでも使えるし3Fは特にくつろげます。



今夜は湯島のサイアム食堂にタイ料理を食べに行こう!





2017-05-15

The Original font for Outrigger Canoe Team Japan uniform design


The original font for the team"ARROW HEAD"


いいのがないなら作ってしまえ。

っていう感じでいつもついついロゴデザインの時にフォントまで作ってしまいます。太さ、セリフ、アール、角度、すべての細かい要素が絡み合い、誰も気がつかないようなディティールが見た目の印象を左右するフォント。探してもなかなかいいものが見つからないので今回もオリジナルフォント。ユニフォームデザインのオーダーでオリジナルフォントを作ってしまうこだわるデザイナーも世の中そんなにいないと思うけど僕はやります笑。

ほんのすこしだけ和を感じることのできる要素を入れたかったので今回は鏃をモチーフにしたものを盛り込みました。


Main graphic for the Japan Team



みんなで結束、矢印というモチーフという漠然としたオーダーを自分なりに解釈して、図案を開発。僕の好きな戦国武将のエッセンスも取り入れた。この相手のオーダーを自分の方法論に落とし込む「考える」クリエイティブ工程も楽しい好きな時間です。これを着た選手たちの背中でこれが踊っている様子が今から目に浮かびます。





選手着用と同じデザインのTシャツ、トレーニングシャツ、キャップのグッズ類が応援グッズとして購入もここで出来ます!


左がコットンの通常Tシャツ、右がポリエステル地のトレーニング/スポーツ用ウェア。
おすすめは、、、もちろん両方買い!



着るとこんな感じです。
贅沢に特大の版を使っているので男性Lサイズでもこのグラフィックの大きさ、しかも日の丸だけのために2c刷り。多色刷りはたとえ色を入れる部分が小さくても版は全て同じ大きさでなければいけなく、これも日の丸の丸の部分のために特大サイズの版を使ってるというコストのかかった作りです。



正代関土俵入り


豊山関土俵入り

そして昨日はまたまたご招待で5月場所の初日を観戦してきました。

自分がデザインした化粧回しをつけた正代関と豊山関の土俵入りを見ることができ、さらに二人とも場所の初日に勝ってくれたのでクリエーター冥利に尽きる。(豊山は元小柳、幕内昇進とともに豊山を襲名)。26歳の正代と24歳の豊山、新世代力士二人とも今後の活躍が楽しみです

日本の国技にこうやって携わり、さらに世界大会に挑む日本代表アウトリガーカヌー選手たちのユニフォームのデザインを手がけるのは日本人として心より光栄で誇りに思います。

唯一の心残りは死んだ母にこの活躍を見せることができなかったこと。

僕の知人に会うと必ず反射的に「うちの息子が迷惑をかけてすみません」と謝っていた母(大人になってもこれは続いていたのでちょっと恥ずかしかった)。周りに迷惑をかけ続け、職員室と校長室(たまに警察とか消防署も、、)に頻繁に通わせてしまった母、この活躍を見せたらさぞかし安心して喜んでくれたことだろう。母の日にそんなことを思った

happy mother's day












2017-05-10

River Clean-up Paddling


River Clean-up with 多摩川川下り事業者組合


「ゴミ拾いダウンリバー」

汰久治さんにSUPを紹介され速攻ハマったのが6年前、その1年後にヤクちゃん&太郎さんに出会いリバーデビュー。彼らのおかげでサーフィンだけやっていた時には感じることのできなかった山/川/海の繋がりがパドルを通して見えてきて、漕ぐことと創作活動もいい感じにリンクして色々なコトやモノがつながってくる。

ウォーターマンには程遠いがパドラーとしてちょっとは成長できたと思う今日この頃。

リバーSUPと御岳の魅力にとりつかれてその頃から通うようになったが、よそ者の僕を温かく受け入れてくれ(てるよね!?そう思ってるの自分だけだったりして笑。スーパポジティブですから)てる地元の人たちやローカルパドラーの存在が何よりも嬉しかった。

今では何年も通ってここがホームグラウンドと思えるくらいに慣れ親しんだが「この場所で漕がせてもらってる」という感謝と謙虚な気持ちは最初にSUPをこの川に浮かべた日から変わらず持っている。


前置きがやたら長くなったけど、今日は多摩川川下り事業者組合によるシーズンスタート前のゴミ拾いダウンリバーでした!それに参加できて嬉しかったっていう話。

ラフティング会社やカヤック、SUPいろんな事業者たちが集まってみんなでゴミを拾いながら川を下る。ゴミを探して岸を見ながら下っていると普段とは違う発見もあったりして面白いしいろんな人たちと交流できて有意義でした。
これは定期的にHALAUのクラブメンバー達ともやっていきたいなー








実は今日1ヶ月ぶりの川。冬の間ひたすら平水練習して、さあこれから流水だ!と思いきや4月頭に肩を痛めてしまって今年は全く流水で漕いでない、、。
数えてみたら今年に入って6回くらいしか流水やってない仰天の事実。来月のコロラドまでになんとかしなければ



2017-05-09

Design uniform for Outrigger Canoe Team Japan


Sketch for the logo of Outrigger Canoe Team Japan
IVF Va'a World Distance Championships Tahiti 2017



今年6月タヒチで行われるアウトリガーカヌー世界大会に出場する日本代表チームのユニフォームデザイン。これはそのメインビジュアルのためのスケッチ。


日本代表チームの柏木星詩さんと小林俊さんからの依頼。(何と俊君とは4〜5年前にモロカイ島で会って以来の再会でした)

「みんなで力を合わせて同じ方向に向かっていく。そんな団結力と気持ちを矢印のような記号を使って表してほしい」という星詩君の熱い想いを形にしました。

矢印といえば矢、「団結」とか「力を合わせて」って言うと自然に「3本の矢」でしょ。まあストレートすぎるけど直球勝負でこんな図案にしました。兜部分は毛利元就のものを元に描きました。

赤地ベースのTシャツというオーダーだったのですがあえて白地に黒プリントそして日の丸部分だけ赤を使う豪華ピンポイント2色刷り。日に焼けた逞しいみなさんの背中でこのデザインが映えるはずです。

Tシャツやユニフォーム、キャップは今週中に仕上がり納品予定。
日本代表の選手の皆さん頑張ってください!そしてみなさんのユニフォームをデザインできたこと非常に光栄に思い嬉しく思っています。



あーそれにしてもゴールデンウィークはよく働いた。

自分の創作活動と連休明けに重なりまくったいろんな締め切り。打ち合わせも取引先からの電話/メールもないので集中してひたすら制作できるけど、時間が足りない、、、必然的にだんだんと朝起きるのが早くなり、連休最後の方は5時台に起きて6時にはもうアトリエにいる感じ。なんとか全部の締め切りに間に合って無事乗りきりました。今年の夏休みは長めにとりたいなー














2017-05-01

SPERRY watershoes

photo by BLADES magazine official

ゴールデンウィーク!
今年もどこも行かず休みあけの締め切りに向けてびっちり仕事&創作活動です。

クリエーター/デザイナーにはお馴染みの「じゃ、休み明けに提出お願いします!」っていうクライアントの一言。すごいよねこれ、お前らクリエーターは休み関係ないでしょ的な。

まさにそうなんですが笑。

おかげさまでみなさんが遊んでいる時にしっかり働き、みなさんが働いてる時に遊ぶ。どこに行っても安いし空いてるしいいワークサイクルです。またまた今週も守秘バリバリの案件でスケッチすら公表できないので靴の宣伝です!





先月発売のSUP誌BLADESにSUP界のプリンセス、堀越選手と一緒に載ってます。デッキシューズで有名なSPERRYが新開発したウォーターシューズ " 7seas 3eyes"の海と川でのインプレッションです。



デッキシューズを長年作ってきたSPERRYだけあって濡れた場所でのグリップ力はいいです。ボードの上も岩場の上でも、まさにリバーSUPに最適。そしてソール部分が柔らかいのでサーフスタンス時にも後ろ足でのコントロールがボードによく伝わります。そして水はけもよく今年はこのシューズが重宝しそう!


デザインも機能もバッチリなこのSPERRYウォーターシューズ。
みなさんに自信を持って勧めることができますが、、、1点だけご注意を。

シューレースとかかとの周りを1周するストリングス(青丸)が赤丸部分で繋がっています。これによりシューレースをしっかり締めるとかかとのホールドがよりフィットします。

が、このストリングス、僕が岩場などでハードに使ってると切れちゃいました。

切れた場合の対策は2種類。
1、ストリングスの紐を買ってきて(パラコードの細いヤツがいいかも)付け直す。
2、ストリングスを無視してシューレースを普通のシューズのようにEYE部分から通す。
どちらにしろすぐ治ります






今回のBLADESにも、ヤクちゃんのロングインタビュー、HALAUカップとSUP STYLE HAGIのイベントレポートなどリバー関連がちょこちょこ載ってます。将来的にもっと増えるといいな



SUPの町、三重県大台町の記事も!この土地の魅力をCABBOファミリーの大山さんが語っています。よーく見ると、、もちろんパドルパンツを履いてますね。すごい素敵なところなので今度みんなで行きたいですね






おまけ的に、、
CABBOカスタムペイントも紹介してもらえました!



2017-04-21

Hand-made Wooden Skateboard



Hand-made Wooden Skaboard "CABBO Cruiser"






久しぶりにスケボーやりたいなと思って作ってみました。

最近流行りのクルーザータイプなのですが、、やっぱり作って満足。
乗らないで飾ってます笑。


今度の冬は木でSUPを作りたいなと思って都内のいろんなレンタル工房みたいなところを探していていいところ見つけました。工具がすべて揃っていて、電鋸各種、サンダーはもちろん、レーザー刻印からCNCまで業務用レベルの機材がすべて揃っているmakersbaseというところ。ここで骨組みを作り、青梅のMountscapeさんで組み立てる!

自分で作ったボードで波乗り、夢広がります。

そういえば、、、






ビンゴやくじなどよく当たる方なのですが、また当選しました!

その名の通りパンツ、シャツ、Tシャツ、セーター、パーカー、ジャケットなど全身のアイテムを10万円分をフリーショッピング!

年末、近所のビクトリノックスで国内出張用で機内に持ち込める小さいサイズのスーツケースを新調した時に応募し、見事忘れた頃に「おめでとうございます、当選しました!」っていう電話が!

で、早速このあいだ買い物に行ってきました。(買ってないから「買い物」って言わないか)全身コーディネートなのでパンツ2本とかはダメで各アイテム一つづつというルール。足が長く見えるチノパン、Tシャツ、シャツ、スプリングセーター、ジャケット、ベルトでほぼ10万円ぴったり。こんな機会めったにないので試着しまくりで結構長居しちゃいました。Vicorinoxさんありがとう!!

次の日は全身ビクトリノックスで、店に置いてあるマネキン状態でルンルンで出かけました。











2017-04-17

Welcome Board for the wedding



Custom-painted surfboard
Welcome board for the wedding of Rangi and Hiroko


サーフボードにペイントしたウェディング ウェルカムボード。


今までにウェディングボードいくつも作ってますが、式の1週間前に頼まれたのは初めて。普通2〜3か月前に依頼してくるんだけどね。まあそこは他ならぬブラザーランギとチームメイトのキヌッキーのめでたい式、光栄に快諾しました。


サーフボードにペイントする方法は2通り。
出来上がった普段使っているボードにペイントする方法と新しく板を削ってフォームの上に直接描いてその上からクロスを巻く方法。(昔作った田尻のボードは後者)

今回は前者の方法。キヌッキーが昔乗っていたサーフボードにペイント。

details of the welcome-surfboard



ボードを見るとその凹み具合や踏み込む場所で人がどんなライディングをしてるのかだいたい想像つきます。このボードは変なところに踏み込みマークが、、、笑。

凹みがあるので全て綺麗に仕上げると異様に凹み部分が目立つので、全体的にちょっとだけユースド&ヴィンテージ感を出した仕上げにしました。デッキパッドもちょっとデザインに合わなかったので染めて、、

ランギが好きなフクロウをモチーフに描きました



今後結婚ご予定のあるサーファーやパドラーの方々、もしご興味ありましたらご連絡を!
世界に一つのハイパーボードを作りますよ。

今持ってるボードにペイントもいいですがオススメが「オリジナルシェイピング&グラフィック」の完全オーダーメイドボード。

これを機に普段も使えるボードを新調したい!っていう方に最適。北海道、Kewrecraft SurfboardのソウルシェイパーMattsがあなたのライディングスタイルにバッチリあったオリジナルのボードをシェイプし、そこに僕がグラフィックを入れてからクロスを巻きます。ボードのサイズ、グラフィック、形状、フィン、、全てがオリジナル。いつも値段を聞かれるので書いちゃいますがだいたいこのパターンだとボードシェイプ代、ペイント、送料などなど全て込みで20〜25万円です。


何かと出費の多い結婚式、どうせだったら紛れてボードも作っちゃいましょう!


Congrats Rangi and Hiroko!
with big love and eternal friendship