2017-08-17

Back in JAPAN from Missouri MR340 "51 facts about MR340"

photo by Cindy Hiles

無事昨夜帰国しました。サポートしていただいた方、応援してくれた方々本当にありがとうございました!第一弾オフィシャルレポートはこちらにアップしました!

これからしばらくはこのブログでミズーリの詳細レポートやこぼれ話を紹介して行きたいと思います。


まず最初はこれ!!




実際に参加してわかった日本でまだ誰も知らない

「MR340のちょっとびっくりな51の事実」



、2017年は447艇1000人以上のパドラーが参加

、2017年で12回目を迎える

、主催者のスコットがMR340のアイデアを思いついたのは20年前

、12回連続で皆勤賞のパドラーは見た目普通のおばちゃんだった

、第一回目の参加者は15人、12年間で60倍以上に。

、統計では参加人数にかかわらず毎年1/3がDNF。第一回目からその割合は変わらず

、初参加の人は完漕率が高い

、2回目の参加者の完漕率が一番低い、女性の完漕率はすごく高い

、毎年辛い要因が変わる、灼熱、向かい風、虫、嵐、寒さ、低水量、、、

10、2015年が一番好条件、ハイウォーター/好天候/微風。コース記録のほとんどはこの年。

11、幻覚を見るパドラーが多い。去年の毎日40度越えの時はすごかったらしい

12、550kmの間、漕いでも漕いでも景色が変わらない。

13、足切りタイムはカヤッカー基準なのでSUPにとってはちょっと厳しい

14、二人以上で参加するとすごく楽で楽しそう。

15、ソロ出場は尊敬される。

16、その中でもSUPは遅い乗り物なので「お前ヤバイね!」的扱い

17、SUPシーンがセントルイスで始まったのは実はこの2~3年

18、ミズーリのパドラーは平気で100~200マイルくらいは週末に漕ぐらしい

19、ミズーリ州内を流れるミズーリ川は完全に瀬がないフラットな川

20、ミズーリのパドラーは異様に瀬や波を嫌がる

21、バージ(タンカーのような作業船)の航路のために作られた人工物やブイが結構アブナイ

22、今年はカヤック1艇が突如浮かんで来たブイに真っ二つに撃沈された

23、数年前にバージにひかれたパドラーがいる

24、そのバージの船長は今ではMR340のセイフティーボートのキャプテン

25、典型的なサウスウェスト気質なミズーリのパドラーたちはびっくりするほど優しい

26、チェックポイントでは24時間体制でスタッフがパドラーを迎えてくれる

27、地元の人々はミズーリ川をとても危険で汚い川だと信じて疑わない。

28、その証拠に4日間550kmでMR340以外のパドラーには会わなかった

29、追い越したり追い越されたりするときに必ず会話が生まれる

30、僕が日本人初出場。選手リストが公表されてたのでスタート時点で既に有名人。

31、参加者は圧倒的に地元の人が多い、7割がミズーリ近辺から

32、世界一長いノンストップリバーレースの割にあまり知られてない

33、今年のトップはなんと36時間(2人のりカヤック)

34、ゴールタイムよりどれだけMR340を楽しむ工夫をしてるかを皆大切にしてる風潮がある

35、SUPerの脱落はほぼ第一(80km10時間)、第二のチェックポイントの足切り時間

36、チェックポイントでボートが並んでいる場所はアンモニア臭が相当ヒドイ

37、パドラーは皆そんなことは気にならない精神状態になってる

38、グランドクルー、バーチャルグランドクルー、アンサポーテッドの3カテゴリーがある

39、長さ10’  幅31”のインフレータブルSUPで参加したツワモノがいた

40、この大会に出るとツアリングカヌーが欲しくなる

41、リピート率がすごい。ボロボロになった人たちがゴール地点で来年も出る前提で話してる

42、どれだけ自分がボロボロになったかを嬉しそうに語り合う人で溢れるゴール地点

43、レースというよりジャーニー。もっと的確に言うなら壮絶な4日間の我慢大会

44、完走するのはパドル力とか体力とかテクニックとかもう関係なく精神力のみ。

45、ものすごい暑さと豪雨の寒さが1日の中で何回も交互にやってくる。

46、今年は4日間ひたすら向かい風だった。

47、ほとんどが痛みとの戦い。身体中の筋肉がつる。

48、世界中のロングディスタンスに出てる人が多くそいつらの話はぶっ飛んでいて面白い

49、ミズーリ州の飲料水の半分を賄っている川という事実はあまり知られてない

50、Protect River resources through participation 文字通りそのままな大会

51、レース後は特大の連帯感が生まれ、参加者はみんなおっきなファミリー



2017-08-08

MR340 starts Tomorrow!! (in Japan time Tuesday night)




いよいよ明日の朝からレース開始!ここ1〜2ヶ月間ずっとワクワクして来たので楽しみです。結局水量は下がり例年以下らしい、、がんばって漕ぎます!日本から応援してくれる皆さん本当嬉しいです!感謝!







レース直前の忙しい時期に、MR340の創立者でありレースオーガナイザーのスコットにインタビュー出来ました。

「Don‘t wait」
Ultra T80開催に向けて何かアドバイスある?って聞いたら即答で帰って来た答え。

あれこれ準備したりリサーチする前に、待たずにとにかくやっちゃえ!Just do it。これが550km、600人以上が参加する4日間のレースを12年間連続で主宰する人のアドバイス。このスピリッツにやられました。まさにUltra T80と同じ!しかも今ではこんなに大きくなったMR340も初年度は参加者が15人だとか。

その他色々と面白い話が聞けた!俺らと同じじゃん!っていうポイントが多々ありコネクションを感じます。川という資源をレースを通して大切にするマインドやそもそもなんでこれを始めたのかっていうすっごい面白い話が聞けたのでBLADESとJeep Real Styleに書こうと思います。

ちなみに面白い事実が!参加者15人の1年目から500人以上になった去年まで11年間、一定してリタイヤする人は全体の1/3らしい。


完走目指して頑張ります!
ワクワクして今夜寝れなそう







2017-08-06

Hello Kansas City!!



MR340に出場するため土曜日に出国、シカゴ経由でカンザスには土曜日の夜到着。

天候は嵐!すごい量の雨が降ってますこのまま振り続けてハイウォーターになりますように!と祈ってたら規定の水量より多いと大会が延期になるらしいのでちょうどいいところで止むといいな。



ロスバゲしたチェックインバゲージも無事日曜の朝空港で回収!ボードもパドルもなかったらこっちで2人のりカヌーでもレンタルして出ようかと思ってました笑



一夜明けると晴天!火曜日の朝までには水量も落ち着きそうなので残念です。

レース中僕の位置をリアルタイムでトラッキングできるサイトとやり方をCABBOのニュースページで紹介してますのでぜひ仕事の合間に僕がどの辺にいるのかみてくださいね!

ミズーリ州をパドルで横断します!!






2017-08-04

ミズーリ550km応援グッズ!






いよいよ来週はミズーリの大会MR340

行ったことのない誰も知らない土地で全く未知のことに挑戦する。しかも日本人初。初めてのことってワクワクしますが今回は全て初めてだらけなのでここ1ヶ月はこの大会のことを考えるのが楽しくてしょうがなかったです。

の割には具体的な準備は全く進まず今日から慌てて色々とやってます。


CABBO iPhone Case for 6 / 6s / 7




あまり説明を読まずにこのレースにエントリーしたのですがちょっと軽く考えてました。

飛行機は溜まったマイレージでとって、4日間ぶっ通しのレースだからホテルも取らなくていいし一人でバッと行ってガガって漕いですぐに帰ってこようかなーくらいな感じで。

甘かったです

ミズーリは乗り換えがマイナーな空港しかなくマイレージを使えない、さらに夏休みで航空券が異様に高い!そしてパドラーはグランドクルーと言って車で伴走してくれる人をつけることが推奨されている。このグランドクルーはレース中常にパドラーの位置をGPSで把握し、安全に550kmをサポートする役目。チームで二人三脚で協力しないと完走できないということが大会ルールを読むにつれて判明。

僕のグランドクルーを務めてくれるのは、以前モロカイレースで汰久治さんの伴走クルーとして一緒にハワイで過ごした戸高亮君。彼に「来月アメリカですごいレースに出るからサポートしてくれない?」と頼んだところ詳細も聞かず「いいよ〜」と即決。しかも自費でサポートしにきてくれる漢気溢れる人。

彼は大きなことにチャレンジするのが大好きな性分なので今回もULTRA T80の夢に向けてミズーリでまるまる4日間付き合ってくれます。本当に感謝です。




ということで今回も応援グッズ販売開始!

みんなで日本一の川下り大会を作ろう!プロジェクト第一弾「リサーチのために世界一長いリバーレースに出てみる」応援グッズ!

亮くんと僕のチームCABBO、日本一の大会を作るため550km頑張って漕ぎながらいろんなことを吸収して日本のリバーSUP界の発展に役立てようと思いますのでぜひみなさん応援をお願いします!この収益はありがたく遠征費に当てさせていただきます。





今回も細部まで色々とこだわったグッズです。Tシャツ、パーカ、iPhoneケースと揃っていますので詳細はこのページをみてください!ゴール時間を当てたら特性スケボーが当たるキャンペーンもやります笑





550kmのレース、500艇が一斉スタート、制限時間88時間という全てが未知の世界に突入してきます!僕の位置をグーグルマップなどでリアルタイムで確認できるようにするつもりなので皆さん応援よろしくおねがいいたします!



このチャレンジのために色々とサポートしてくれる皆様本当に感謝です!
14フィートのボードを用意してくれたシュリロ トレーディング 様(JP Australia)。
40度近い灼熱の中を漕ぐことになるので白い長袖ラッシュガードがマストということで速攻特性品を作ってくれたBreakerOut様(いつもCABBOで妥協しない製品作りをしてくれてます)。いつもサポートしてくれるFCAジャパン株式会社(Jeep)、今回のために新たにシューズを送ってくれたABCマート様(Sperry ウォーターシューズ)、エイ出版の熊倉さん、PFDなどでサポートしてくれる日本アクアラング様(Stohlquist) 。
リバーベースHALAUとクラブHALAUのメンバー、いつも一緒に漕いでる人々、SeekTruth木村さんはじめ御岳でお世話になってる人たち、完走お守りをわざわざ取りに行ってくれたヤクちゃん、GPSアプリやいろんなことで相談に載ってもらってる浅古さん、いつも健康で好きなことをやれる体を整えてくれる加藤先生、パプア行ったりコロラド行ったりして連絡がつかなくなることがあるにもかかわらず仕事をくれ付き合ってくれている取引先会社の方々、親身に応援してくれたりアドバイスをくれる日本中にいるパドラー達、なんだかわからないけど一応応援してくる友達たち、そしていつも支えてくれる妻

こうやって書き出したら本当多くの人に支えられてるんだなと改めて実感、関わってくれてる全ての人に感謝です。





2017-08-01

JP Australia Surf Slate 7'6 x 29


JP Australia Surf Slate 7'8 x 29

昨日は久々のサーフィン、JPから届いたニューボードを初乗りしてきました。

インプレッションは、、、まさにマジックボード!
テイクオフが速く、加速しやすく、ターンもキレが良い、しかもこんなに小さいのにものすごい安定感。同じ長さのボードに比べて絶対的な安定感があります。そのスパルタンな外見からセカンドボード的に見られがちですが、個人的にはこれ一本で全てオッケーなメインボードにしてもいいと思います。

無人島にどれか一本だけって言われたら迷わずこれを選びます。


ボードの性能が良すぎてそれに甘えてしまいそうな自分がいますが、基本に忠実にきちんとレールを使って、あまりパドルでバシャバシャしないライディングを目指したい。このボードの性能をフルに引き出せるくらいの実力を頑張ってつけていこうと思います。このボードでPNGの波に乗るのがものすごい楽しみです。


「波に乗る」という行為を最大限楽しむために生まれて来たこのSurf Slate 、自信を持ってオススメします!初級者〜上級者まで幅広く乗れると思いますので、初心者を脱出した人やボードの買い替えを考えてる人、マジックボードを探して散財の旅をして来た人、この夏ぜひ買っちゃって台風シーズンに備えてください。弊社で扱ってますのでお気軽にご連絡ください。







長さや幅も豊富に揃ってます。

Surf Slate PRO ¥298,000
7'2 x 26
7'2 x 28
7'6 x 29
8'0 x 30
Surf Slate WE ¥232,000
7'6 x 29
8'0 x 30




MR340用のラッシュガード


「幻覚が見える!?ミズーリの550km大会」


あっという間に今週土曜日からアメリカ。来週の火曜日の朝7時にスタートです。

全く未知の世界。知らない川、行ったことのない土地、前代未聞の550km、ワクワクします。が大会のウェブサイトをよく読むと驚くことが書いてます、、
の大会のサイトは550kmを完走するためのヒントや安全のための注意事項などを映像でおもしろおかしく説明してくれており、ここ1〜2ヶ月間仕事の合間にひたすら見てました。5〜10分にまとめた映像が2〜30本ある。

その中でもビビったのが「幻覚を見はじめたら」という項目。

冗談かと思ってその映像を見たら結構マジメな話だった。「寝ないで漕ぐとだいたいみんな2日目か3日目の夜に幻覚を見はじめます」と始まる。
マジかよ!?と見ていくと、人は極限状態になると見たいものが見え始めるらしい、あるはずのない船上レストラン、いないはずの誰か、などなど。この大会主催者のすごいところは過去の経験から事例を紹介してその対策をきちんと参加者に説明しているところ。幻覚を見はじめたら、自分が手を伸ばして触れるものを確認し「これはパドル、これはライジャケ」みたいに、何が現実かを一つづつ明確にしリアルな世界に自分を引き戻す”グラウンディング”というテクニックを使えと教えてくれる。何よりも幻覚、幻聴が始まったら陸に上がって睡眠をとれ、と締めくくってます。そりゃそうですね。



「黒/濃い色のラッシュガードは危険」


注意事項のビデオのシリーズにこんなのもあった。なんと「40度近い灼熱の中を漕ぐので黒、濃い色のラッシュガードは熱がこもって危険。白または薄い色のウェアをお勧めします」そう聞いて今までの大会の写真を見てみると、、、皆ほとんどが白かブルー、淡い色のウェアを着てる!!
CABBOのダークブラウンのラッシュガードはちょっと危ないので今回の大会用にBreakerourにお願いして特製の白いラッシュガードを作ってもらうことにした。4日間これ着て漕ぐのでいつものようにピタッとフィットするのではなくルーズフィットな感じのサイジングにしました。この説明文を読んだのが先週、そこから無理を言って超特急で作ってもらいました。本当いつもサポート感謝です。

このサイトは読めば読むほど面白い事実が発見されて楽しい。
なんだけど、何か読み落としてないかちょっと不安


こんなにも世界中の情報がネットで入手できる世の中だけど、日本人は英語のメディアを読まないのでまだまだ壁がありますね。映像で色々とわかりやすく説明してるこの大会サイトですが、英語が苦手な人はここから情報を得るのはまず無理。今まで日本人が出場してない理由はそこかも。




















2017-07-26

Team CABBO for the challenge Missouri American Water MR340

JP Australia SportsAIR 14'0"  30"


ミズーリの550kmに出場用のボード届きました!
JP Australia SportsAIR 14"です。
いつも本当にサポートありがとうございます。頑張って日本のリバーSUPを盛り上げていきます。


14フィート幅30のボード。さすがはJPって感じで全く14っていう長さを感じさせないバランスの良さと、幅も30もあるとは思えないほどスムースなグラインド感。(この写真は魚眼なので太く見えますが)まるで12'6に乗っているような感覚のまま長さがあるので普段より突き進む。乗っていて純粋にすごく楽しい!そしてどんな小さな風波でも乗れちゃう高いサーフ性能。

コントロールしやすく実寸よりもコンパクトに感じるっていうのがJPのボードが高次元でバランスが取れている証拠かと思います。

このボードで550km漕いで、っていうかこのボードの上で4日間ほど生活することになると思う。漕いで休んで食べて飲んでその他色々。

想像してみてください。あなたが火曜日の朝7時に出社するために家を出てから「あー明日は土曜だから終電気にしないで飲むか!」っていう金曜の真夜中までの4日間、僕はひたすらこのボードの上で漕いでます笑。

一体なんのための挑戦かはこのページを見てくださいね




ここでミズーリのチームメイトの紹介。



空手世界大会4位、海外のいろんな格闘技の大会にも積極的に参戦してるワールドクラスのファイター、戸高亮君です。



ミズーリの550kmレースにエントリーしてしばらく経ってから、大会の要項を色々と読んでみると「出場する人は必ずグランドクルーをつけてGPSなどで場所を常に把握してもらうこと」と表記がされていました。現在位置を常に把握して食料や飲料などのサポートをしたり連絡を取り合い仮眠する場所を確保したりと2人3脚でぴったり息を合わせて望まないと完走は難しいらしいと読んでいくうちに判明。




判断力があり、信頼できる、海外でも頼りになる男、、、(ヤクちゃんはHALAUのオンシーズン真っ盛りなので彼以外で)と考え、真っ先に頭に思い浮かんだのがこの男。以前一緒にモロカイを旅した経験があるので、彼の人間性、バイタリティーやコミニケーション能力には絶大な信頼がある。何よりも大切なのが何があっても一緒に笑い飛ばせる感。まあ人間なんで誰でも失敗はあると思うけど重要なのは一緒にそれを笑って乗り越えること。

早速久しぶりに電話をして
「亮君来月アメリカ行くんだけど付き合ってくれない?」
「いいよ〜。何があるの〜」と沖縄人らしいゆったりしたリズムで即答。

やっぱ世界4位の強い男は違う、細かいこと聞く前に即答でYES。こんな友人に恵まれて本当感謝です。ありがとう亮君

彼と一緒に挑戦するミズーリMR340。本当に楽しみだ。





ミズーリに向けて人生初の持久系トレーニングをしてたらなんとついに体脂肪6%切りました。別に減らしたい訳でもなくこれ以上減ると体壊しそうだから10%くらいに戻したいんだけど。体重もがっつり減ってウェルター級になっちゃいました。普段は69kgで10%くらい。

と言っても大したトレーニングしてるわけではないのですが、、仕事があるのでその合間の限られた短い時間で出来る限りのことをしてるだけ。


最後に、、


よく「腹ってどうやったら割れるの?」って聞かれますが簡単です。
正しい姿勢で座って、立って、歩いて、ご飯はよく噛んで腹八分。腹筋とかトレーニングしなくてもこれだけで自然に割れます。
でもこれを徹底するのは難しいですよー












2017-07-25

Challenge to Missouri American Water MR340

Ultra T80 "みんなで作ろう日本一の川下り大会"
graphic design



大人になってからも毎年続けていることがある

それは「年に一回は知らない土地に旅すること。できれば一人で」。


年を重ねるといろんな経験値から何が自分にとって心地よいかを無意識に選択しコンフォートゾーンを容易に作れるようになる。これ自体はもちろんいいことだが、クリエーターにとっては常に自分の感性を刺激するような未知の環境に自分を持って行くことも大切。

たとえ近場でもいいから一人で知らない土地に行く。これだけでだいぶ日常のしがらみから解放され感覚がリセットされるとともに野生の感もブラシアップされる。

コンフォートゾーンを意図的に脱出する。自分のクリエイティビティーを常に鋭利にしておくため。


ということで来月はミズーリ州に行って世界一長いリバーレースに出てきます。550kmを88時間以内に漕げって言う結構ワイルドなもの笑。

なぜそんなことするか?
目的は?

そんなストーリーをCABBOの記事ページに書いてますので気になる人は読んでみてくださいね。またアホなことやってるよと思ってる人たちは、、、それでも応援してね!
取引先の皆様、すみませんまた8月上旬留守にします。