2016-09-28

Tamagawa Down River 80km !

入水前、旅の無事を祈る今回のメンバー



昨日また80kmダウンリバーしてきました。




リバーSUPが日本で産声をあげたばかりの頃、、、

「この川ってどこまで流れてるの?」
御岳でいつもの仲間と遊んでいる時ふと思いたって聞いてみた僕。
「東京湾の羽田あたりじゃない?」
「何キロくらいかな?」
「わかんない」
「みんなで下ってみない?」
満場一致で「いいねー!」

と約1〜2分の会話から始まった多摩川80kmチャレンジ。
その時のメンバーは、世界のヤクちゃん、オリンピアンの太郎さん、日本を代表するパドラーのタクちゃんとシュンペイくん、僕たちのMentorの加藤先生。
普通だったら笑い話で終わったり、「危ないんじゃない?」とかつまんないこという人がグループに一人はいるものだがそこはぶっ飛んだ人の集まり、速攻決定し3週間後にはみんなで下っていた。

なんと最初の80kmは5年前の2011年10月16日!
意外なことにHALAUよりも80kmチャレンジが先に生まれてました。


久々にこの映像見て笑ったけどよく自分こんなSUP下手なのにやってたなと、、、ライン取りとかスーパー雑。しかも当時は落水後自分のボードをマネージするとか当たり前で誰もリーシュつけてない、今思えば最先端!?(*注意、リーシュは使い方で安全対策にもリスクにもなりえます)



朝日とともに出発!


海と山をつなぐ川、その川の一生をSUPで体験する。

HALAUのライフワークとなった80kmはこんな感じのノリで生まれた。ようは「子供がそのまま大人になっちゃった系」な人達が仲間を増やしながら本気で遊んでるだけなんだけど、、
でも自然の中で本気で遊ぶって結構シビアで自分のチョイスすべてに責任を持たないといけない。マインド、スキル、経験、知恵、、僕もたくさんのことをHALAUで学んでます。
しかも自然から学んだことって大抵すごいシンプルな摂理なのでビジネスや普段の生活にも非常に役立つ。


朝日の中漕ぎだす!久々の晴れた日


だからHALAUはこの80km企画を大切にしてます。SUPは目的ではなく手段、自然と対話するツール。漕げるものはみんな漕いでみるし、面白そうな乗り物は何でもトライしてみる!的なノリ。

「SUPをやる」んじゃなくて「SUPでやる」。「を」やってる人たちと「で」やってる人達、似てるようで結構デカい違いです。自然との接し方とか見てるとすぐにわかります。そういうこともHALAUがきっかけでコロラドで気がついた。

ヤクちゃん、太郎さん、俊平くん、ランギ、タクちゃん、チャーリー、ブラッドーリー、コロラドのパドラーたち、、、みんな「で」の人達。みんなパドル「で」自然と対話してる。漕ぎに説得力あるし、純粋に見ててかっこいいなーって思う。




で、10月27日の80kmメンバー。
今回は、7人の挑戦者とヤクちゃん、浅古さん、僕の3人のナビゲーター、合計10人!
ちなみにヤクちゃんと僕は7回目!



「80km挑戦してみたい人手を挙げて!」
「はーい!」
って去年の大忘年会で挙手した有言実行な人達&今年に入って川の魅力にどっぷりハマった人達。

もちろんやりたいからってすぐにトライできる類のものではないです。流水の中でのセルフレスキュー、ラインの読み方、ボードコントロール、パドルスキル、それらを冬の間から頑張って練習してきたメンバーには本当にリスペクト。みんな本当によく頑張りましたね!

今回のメンバー10人はすごい調和がとれていて誰が欠けても同じ空気感は出せなかったと思うほどいいハーモニーでした。



今回の装備、
前半はパドルパンツ+長袖タッパー
後半は海パンに半袖スーパーラッシュガード
ヤクちゃんは、前半ロングジョン、中盤、海パン+ラッシュガード、後半海パン+スーパーラッシュガード。CABBOのおかげで長時間のパドリングも快適!
はい、宣伝でした。



ボードのチョイスはJP-Australia CruisAIR 11'4。
12’6だととっさのエディーアウトや回転性が必要な動きには長すぎるし、AllroundAir Le 10'2だとスピードが必要な時に困るということですべてをバランスよく兼ね備えたこのボードにしました。



80km名物「堰越え」。こうやって堰や危ない場所は避けて上陸して回避します。この工程を考慮に入れてみんなボードを選択してるところはさすが。



途中伴走車と合流し、装備の交換、飲み物と栄養の補給をします。

補給ポイント以外でも、ネットで僕たちの位置をリアルタイムで把握できるので、川原まで応援しに来てくれる人もちらほらいてものすごく嬉しいです。ブルー多摩川フィットネスの方達もシフォンケーキを持って応援に来てくれました。ひたすら漕ぐ合間のスイーツは本当幸せ!どうもありがとうございます!




綺麗な夕日の中をみんなでパドル。この日は水量が今までで一番多くどのパートも流れていて結構楽でした。


個人的に一番楽しかった時間。一列に並んでドラフティングトレイン、前の人とパドルのタイミングを完全に合わせてみんなが一つになりました。それぞれ乗ってるボードは違いますが皆で大きな一つのボードを漕いでいるような一体感は最高でした。


みんな背中にルミライト、ヤクちゃん、浅古さん、僕の3人は点滅フラッシュライトを身につけていたので暗闇でもだいたい誰がどこにいるかわかります。こう言うところは回を重ねるごとに賢くなっていきますね。


ゴール近くに行くとこんな感じ。暗い川の中によく見ると人影が、、、笑。これたまたまマンションのベランダから見たらびっくりするでしょうね。
「パパ!!川の上に人が立ってるよ!」
「あ〜それはHALAUの人たちが羽田目指してるんだよ」
って答える父親がいたりして。いないか。


今回はCABBOを実際に工場で作ってくれている職人の和泉さんも参加!作り手も一緒に漕いでいろんなことをシェアできるのはすごく嬉しいこと。CABBO立ち上げ当時からヤクちゃんと僕のウェアーを精魂込めて作ってくれたクラフツマンと一緒に80km漕げた意義はブランドとしても大きな資産です。
ちなみに彼はこのPVにも乗ってます。見る機会が滅多にないウェットスーツのできる過程が丁寧に紹介されてます。ウォータースポーツをやってる人には興味ある映像では?



ゴール間近。一番遅いケイちゃんをみんなで励ましながら!?ラストスパート。




スタート13時間30分後にゴール!!

今回は増水で流速も早く、天気が良くて、潮のタイミングもばっちり合い、ありえない追い風も吹き、、と異様に条件が良かった。のんびりと漕いでいたのにもかかわらず歴代最速のゴールでした!正直そんなに疲れなかったかも。

この後はみんなでおきまりの場所でみんなで焼肉打ち上げ。焼肉打ち上げだけ参加した人もいましたが誰でもウェルカムです!

伴走車チームのクミちゃん、あきほちゃん、キムキム本当にありがとうございました!おかげさまで超快適。特にクミちゃんは記念すべき第一回目からずっとエスコーティングクルーをやってくれてるのでもうエキスパート!すべてがナイスタイミングでサポートしてくれてます。感謝!

まとめ
今回参加してくれたムっさんがメールしてくれた言葉がすごい本質をズバッとついてた。まさにその通り!

「究極のワンウエイ」
帰り道も気にせず自転車でどんどんペダルを漕ぎ続ける。子供の頃の究極の夢の旅。
今回はまさにそれ!ただただ流れに乗って前に進めば良い。このシンプルさがとても心地よかった。


最後に、、
今日soul sistaのゆみえちゃんから連絡があって、彼女がやってる「陽けたら海へ」がNHK Eチャンネルで30日の昼12:45分から15分くらい紹介されるそうです。是非みてくださいね。彼女が一番大切に温めてきたボランティア活動、笑顔に溢れたこの映像を見たらどんな活動かわかります。いつも彼女にはインスパイアされてます。





さらに1日の締めに、、
SUP STYLE HAGI 2016のお知らせ
Bad Boy ランギが開催する超熱い大会!!なかなか敷居が高く感じるSUPクロスですがこの大会はクロスデビューを果たすのにもってこいの大会。世界レベルの選手たちと一緒にレースできるプロアマ混合のまるで日本のGopro Mountain Games!
50名で締め切りなのでごちゃごちゃ考えずにここから申し込んで!他ではできない体験ができること間違いないです。何しろランギですから。

深夜に男同士スカイプ。なぜかランギ裸なんですけど笑

































2016-09-24

CABBO New Models full lineup





CABBOの今期ニューモデル全種類ウェブに公開!オーダー可能になりました。
フルスーツと長袖タッパーに新開発のパドラーズカットを採用し、パドル時の肩のストレスを軽減し体幹のサポートを強化しました。

このフルスーツはコロラドでも機能の良さを実感してきましたが、動きやすく暖かい!しかもフルスーツなのにラウンドネックを採用しているので首まわりも楽です。そしてもちろんプロテクターも標準装備なので安心!




このロングジョン+長袖タッパーor Wet Parka or スーパーラッシュガードで結構年間通して行けます。雪解け水で増水したコロラドでもレースのときは、ロングジョン+スーパーラッシュ、練習のときはロングジョン+ウェットパーカでいけました。

今回のロングジョンの改良点、プロテクターの形と位置を若干改良し、より保護機能を増つつ、動きを妨げずに破れづらくなりました。そして、脚の部分の切り返しを上部にうつし膝の屈伸運動をしやすくなると共に、見た目にも脚が長くみえる効果もあります!
また首と肩口の切り返しの部分にワンポイントカラーをいれてるのもおしゃれ!






人気商品のパドルパンツ!
今回から膝下裾を絞るヒモが安全性向上のためベルクロに変更、そして乾きずらい!という声を反映し右左の前ポケットを排除。実は脚のサイドポケットとお尻のバックポケットで十分でした!デザインも3パターンから選べます。
パドルパンツと長袖タッパー組み合わせで春から冬直前までカバーできます。

生地素材が結構重みがあるのですが、膝下できゅっと締めることにより重みが分散され不思議と重みを感じません。そして膝下をしばることにより膝周りにダボつきがうまれ関節が動かしやすく、さらに空気を溜めるので保温性もアップ、保護性もあり、落水後も水はけがよいという4拍子そろっています。

そんな動きやすいこのパドルパンツを履くと、、、




だれもがこんなふうに飛べます!笑







年間通して大活躍のウェットパーカ!タウンユースも全然オッケーなスゴい奴です。CABBOローンチ時からあり、ぱっと見はフォルム全然変わってませんが実は毎年細かーいところがアップデートされています。皆さんの声を参考にこまめに改良しているのです。




今期から登場した長袖タッパー。2月フィリピンにいく時に特別ワンオフで作ってもらったときは製品化の予定はありませんでしたが、これを見たヤクちゃんが欲しがり、さらにフルスーツ用に開発したパドラーズカットを採用できることからラインナップに加えました。ひょこっと登場した割には超優等生なロングタッパーです。
肩の周りと脇がダボ着いて見えますが、着るとそんなに気にならなく、余裕があるのに長時間漕いでも肌擦れがおこらないマジカルな「パドラーズカット」です。


The best Parfait in town

最後に紹介したいのがCABBOTシャツ!
ではなく手に持っているパフェ。代官山マツノスケNYにて9月末までの期間限定スイーツ。さっぱりした甘さでホームメイドグラノーラが香ばしく、僕の大好きなバナナクリームパイのクリームも入っていて最高。要は「好きなものが全部はいってる!」系。定番メニューにして欲しいです。

個人的に2016年ザベスト・パフェ・オブザイヤー受賞










2016-09-21

HUMMER COMPLEX photo shooting for web renewal


HUMMER COMPLEX 1F  Hummer Cafe



HUMMER Japanがビルをまるごとエンターテイメント施設にしたHUMMER COMPLEX。そのすべてのアートディレクション/デザインを担当させてもらってますが、ウェブのリニューアルも発注いただき、弊社にて制作することになりました。

なので最近けっこう通って内装等の写真撮影しています。



B1F  HUMVEE HALL

この間オープンしたばかりの地下にどーんと広がる空間、多目的ライブハウスで300人以上のキャパを誇ります。年末のパーティーは何個かここで御世話になろうかと思ってます。


2F Vip Lounge "H1 Club"


2Fには大人の隠れ家、まったりとくつろげるVipラウンジ。Flo Ridaのお忍びアフターパーティーも開催されたことのあるこの場所で開いた去年のHALAUの忘年会、楽しかったですね!ついこの間のようです。今年は12月11日ですのでパドラーの皆さん日程あけておいてください。



ザ・本気のたこ焼き

アメリカンダイナーが本気で作ったたこ焼き。
ウェブリニューアル後一押メニューにしにしようかと思ってます。
熱々の鉄板にのったハマーステーキはここでは有名なメニューですが、通はこのたこ焼きを頼む。行ったら是非たべてください。


先日、HUMVEE HALLのローンチパーティーやオープンに協力して頂いた方や企業を招いて打ち上げを屋上のジャグジーテラスで行ないました。夏の終わりの珍しく晴れた夜に皆で焼きそば食べてBBQしてジャグジーに入るというパーティー。というのは表の顔で実は60歳を迎える岩井社長のサプライズバースデーパーティーでした。ドレスコードは還暦を迎える岩井さんを祝う意味をこめて「赤いものを身につける」!



Happy Birthday岩井さん!!!

ということで僕は全身真っ赤で行きました。家の中さがしたら意外と赤い身につけるものってないのですが、競泳用スパッツ、ラッシュガード、水泳帽とすべて赤がありました。
岩井さんには赤いパーカと花束、特性Hummerケーキを皆でプレゼント。

岩井さんに会ったのはもう10年以上も前、「こんなにぶっ飛んで尖った面白い50歳がいるんだ!」と強烈な印象でしたが10年経ってさらにすごくなってます。そんな彼は僕達の目標、60になっても岩井さんのようなクリエイティブスピリッツを持っていたいものです。つまらない大人が多くなって来た世の中で貴重な存在。ほんといつも感謝です。












2016-09-14

Logo design for Activ8 Inc.


design sketch for the logo

logodesign  Activ8 Inc.


ITやウェブ関連の仕事で色々とお世話になってる友人のタケちゃんが独立して会社を立ち上げました。おめでとう!しかも弊社PAX CREATION DESIGN llc.と同じ9月5日の設立日!来年は合同周年パーティーですね。元気よく手書き感のあるロゴがいいとの依頼だったのでそのまま手書きにしました。物事を活性化させるという意味でアクティベイト、そのエイトの部分を8にした会社名らしいです、、、



先日は相撲観戦。いつもご招待本当に感謝です!自分のデザインした化粧回しをつけた力士が土俵入りするのは何度見ても嬉しいものです。正代関は負けてしまいましたが大関相手にいい相撲をとっていたと思います。


おまけ。ついお姫様抱っこしてもらいました。
1階の遠藤は皆並んでますが、2階の遠藤はすいてます笑。


2016-09-10

Taipei ,Taiwan




1泊3日の強行日程で台湾出張に来てます。
今週は移動の多い週でした。火曜日長瀞、水木九州、木金土台湾、、。

今回は台北にあるミラマーというデパートで11月に開かれる北海道美食展の会場視察&打ち合わせに来ました。僕は全体のアートディレクションを担当するのですが道産子としては嬉しい仕事です。

これから深夜便で帰国します!


Book cover made with Fuji Rock cookies package

移動中ゆっくり読書できるので飛行機や待ち時間も結構好きです。なんだけど今回は本わすれた。フジロックのクッキーの包装紙をブックカバーにするとオシャレ!買ってくれた皆さん捨てずに使ってくださいね。










2016-09-07

River SUP photo shooting day






昨日はCABBOの広告写真を撮りにヤクちゃんと埼玉、荒川上流へ行ってきました。




右端で僕がカメラ構えてます。こんな感じでお互い撮り合って何本も同じスポットを下ります。ヤクちゃんのウルトラウェーブ越え"宇宙戦艦ヤマト"ショットもバッチリフィルムに収めました。あっデジカメだから「メモリカードに記録しました」か。響きが全然イケてない。



カメラを三脚に設置し二人で一緒に下る映像も撮ってみる。ヘルメットに後ろ向きにgoproつけてその後をついていくと結構面白い映像とれますね。この写真は超広角で撮ってるので距離があるように見えますが実際ほぼテールtoノーズです。




一本乗っては映像チェック。カメラが炎天下で溶けそうなくらいホット。




今日の写真はすべてfromヤクちゃんのヘルメットgoproでした。

いい宣材がたくさん撮れましたのでウェブやBLADES誌、カタログに使用する予定。

撮影の後はひたすらこの波でサーフィン。水量が多いのでワイプアウト後は一瞬で遠くに流されるけど笑いが絶えないセッションで、気が付いたら結局3時間ぶっ通しで乗ってた。しかもこの日、僕は断食2日目で体が軽くなってるのか何度も空高くふっとばされました笑。
What a great day!





2016-09-04

CABBO Paddle blade & T-grip cover





CABBO Paddle blade and T-grip cover
"Paddle man plaid"


design variation 
Paddle man plaid / Positive Ripple / Herringbone Wolf-gray



CABBOから新製品。
パドルのブレードとTグリップを保護するカバー、さっき製品化が決定しました。ブレードケースはよくあってもグリップカバーは意外と売っていない。車に積むときなど両方カバーしたいですよね。

デザインは決定したので、あとは機能的に使いやすく保護性が高くなるようなパターンを開発していき、冬前には販売開始したいです。

まだ価格も決まってませんが、先行予約も受け付けます。普段割引をしないCABBOですが今回特別予約してくれた人には10%割引します!
(CABBOにはパプア割引と多摩川80km割引があり、どっちかのアドベンチャーをクリアした人には特別割引があります)




昨日、久々に行った御岳は増水していて楽しかった!
午前中は一人で練習、午後は最高な仲間たちとダウンリバー。

岩でリッピング!ボードはJP-Australia LE10'2
photo by ヤクちゃん

Paddle pantsとスーパーラッシュガードの強力コンビネーション。

動きやすい、体幹が冷えない、プロテクションもバッチリという3拍子揃ってます。パドルパンツは膝下でぎゅっと絞っているので膝周りに余裕ができ動きやすく、また空気も中に含むので暖かく、ネオプレーン素材なのでショックもある程度和らげてくれ膝とお尻のプロテクションにもなります。右腿部分に大型ポケットもあり、昨日は予備のフィンをここに入れてました。

スーパーラッシュは体幹部分がネオプレーン、肩〜袖がラッシュ素材なので保温と動きやすさが両方キープ。


もうすぐCABBOのウェブの方にもどーんと新製品ラインナップを載せる予定ですのでよろしくです!