2016-12-01

Ultimate Party Bus HUMMER COMPLEX

Ultimate Party Bus in Mid Town




昨晩は天気が良かったので岩井社長とパーティーバスでドライブしてきました。


というのは冗談で、今弊社で手がけているHUMMER COMPLEXの素材撮りでパーティーバスのチャーターの様子を一晩中撮影していました。
DJブース、バーカウンター、クラブ並みの照明と音響システムを搭載したこのすごいバスは行くところで人の注目を集めます。ぜひ忘年会の2、3次会で使ってみてください、盛り上がること間違いなしです。






外観はこんなレトロなスクールバスをフル改造して、、、


中はこんな感じの別世界です。。

HALAUのYear End Partyは社長にお願いして特別にこのバスを稼働してもらいますのでお楽しみに!

そして、、、



リバ−SUPシーン、River Base HALAU、Jeep River SUP Team JAPANをスポンサード、サポートしている企業様からの協賛品が続々届いております!パーティーにてHALAU2016年表彰者への賞品や恒例のジャンケン大会、もれなくゲットできる参加賞など豪華賞品多数!すごいパーティーになりますね
シュリロ トレーディング様(JP Australia)、FCAジャパン様(Jeep)、日本アクアラング株式会社(Stohlquist)、SEEKTRUTH様(Marsyas)、Cワールド様(BreakerOut,CABBO)、モルソン・クアーズ・ジャパン株式会社様
いつもサポートありがとうございます!!

2016-11-28

HALAU Year End Party details!!





みなさん!
今年もやってきたHALAUのYear End Partyの詳細発表です。いつもの仲間と一緒に新しい仲間を増やしまして来年のパドリングライフをより最高なものにしましょう!
Happiness REALS when it shared!!
最高なことを一緒にシェアできる仲間たちが集まるところ、それがHALAUです。

そして、弊社クライアントのMolson Coors Japan様, FCA Japan様(Jeepの会社です)、いつもサポートいただいているシュリロ様(JPの会社です)BreakerOut様、日本アクアラング様より数々の協賛品のいただいておりますので皆様楽しみに!


僕たちRiver SUP Teamの遠征の地コロラド、そのコロラド生まれのクアーズライトも会場にたくさん用意してます!
ちなみに皆様もクアーズ製品を(アウトレット品、特別セール品など)お得にこのサイトから購入できます!!


それでは下記Partyの詳細Infoです!

今回も会場はこれまた弊社クライアントのHUMMER COMPLEXのVIP Lounge "H1 Club"。(お客様にお世話になりっぱなしです)普段ではありえない金額で貸切にしてもらいました。しかも去年同様最後はパーティーバスで送迎つき!

DJは僕がSugar High時代からつるんでるJozsef、もうかれこれ20年近い感じで気がつけば二人ともいいオヤジになってます。



STT Christmas Party!!

Shark-Talk Table Christmas Party 
Frill shark illustration


年末なので弊社企画のパーティー/イベントが結構あります。

これもその一つ、サメクリスマス会!夏から定期的に企画/運営してるShark-Talk Tableのクリスマスパーティー版。

PNGの縁で出会ったシャークジャーナリスト、沼口麻子氏と一緒に来年もさらに大きなイベント「サメフェス」を仕掛けていく予定ですが、今年はその助走期間としてディナーパーティーやこのクリスマスイベントをやってます。

毎回サメのイラストを描いているので僕も結構詳しくなりました。今回のテーマのサメはラブカ、英語名がFrill shark。エラがフリルっぽいのでそんな名前がついたのでしょう、しかもこのサメはシンゴジラ第2形態のモデルにもなったそうで今人気沸騰中だそうです。
約600種類いるとされてるサメ、図鑑を見ていても結構飽きずに楽しいです。
「こんな生き物実在するのか!?」っていうような驚きのサメもいます。海って深いですね



久々の焼肉ゆうじ、with齋藤君


もはや焼肉という枠を超えて焼肉懐石。一つ一つの肉にあった味付けと付け合わせクリエイティビティー芸術の域です。毎回行くたびに感動をあたえてくれるゆうじさんはさすがです。おまかせコースを食べて至福の時間を過ごしながら、来年始動させようと思うPNGの新しいプロジェクトを齋藤君と企む。これが実現できたら結構楽しく、すごいことになると思います







2016-11-25

River Base HALAU Year End Party 2016

HALAU Year End Party Flier design


去年のこれも楽しかったですね!

今年もやります。詳細はHALAUのFBかWEBに出ますので早めに申し込んでくださいね!来年の活動計画やONEWHEELプロジェクト、新しい川の全流チャレンジ開拓、アウトドアフェス、、HALAUでしか体験できない楽しいことを全て発表します。来年もみなさん一緒にいろんなところで漕ぎましょう!



Thanksgiving Dayの七面鳥@TY
我が家の毎年恒例ですが今年も美味しかったです!




2016-11-21

Trip to Odaicho , Mie

Miya-River in Odaicho, Mie


三重県にある大台町に行ってきました。車で片道470kmの旅、この1週間は本当いろんなところ行きました。山口3日、台湾3日、三重2日、、、



今回のミッションはONEWHEELの商談。すでにSUPを町の活性化のツールとして取り入れている大台町観光協会が興味を持ってくれてコンタクトをくれました。



そのキーパーソンとなったのがCABBOファミリーでもある大山さん。

約1年前にOSJというアウトドア雑誌に載ったヤクちゃんがきてたCABBOウェアをえらく気に入ってくれ、HALAUに電話で問い合わせてくれた人です。それ以来何点か購入いただき連絡を取り合ってたのですが、なんとONEWHEELに前から興味があり僕がうちの会社で取り扱い始めますとブログで書いた瞬間に「買います!」って連絡が。

彼は大台町の大自然に魅了され移住したパドラー。SUPを使って町を盛り上げようと地域に根付いた活動をしてるところをこの間NHKにも取り上げられてました。CABBOを着て取材を受けてくれたのも感激!




三重には初めて行きましたがこの大台町はすっごい景色も水も綺麗。そして驚くのがSUPの認知度と理解度、完全に市民権を得てる感じです。さすが大山さん




観光協会が用意してくれた宿はこれ、川原民泊。古民家を改造した宿で細いうねる林道を20分ほど山奥に入る超隠れ家的なディープスポット。




携帯の電波が入らず、静かな中囲炉裏で鉄瓶で沸かしたお茶を飲む。至福の贅沢なひと時。






夜は観光協会の人と囲炉裏を囲んで会食。

ONEWHEELだけではなく彼らが来年3月に開催する大台アウトドアフェスティバルのプランも聞かせてもらいました。大台町の自然を思いっきり楽しんでもらい、アクティビティーを通して町の魅力をアピールするフェスティバル、楽しそうなのでお手伝いすることにしました。

この3人は机上の空論ばかり展開するどこかのなんとか準備委員会と違って皆リアルなアウトドアマン。パドラーの大山さんと野田さん、山奥に3年くらい籠ったこともある木村さん、話は尽きず盛り上がり非常に実り多い夜になった。

来年3月26日が記念すべきこのフェスの開催日なので皆さん手帳に書き込んで是非遊びに行きましょう。SUP / ONEWHEEL その他面白いこと満載にします





普段は朝ごはんを食べませんが、こんなスペシャルな時は例外!美味しくいただきました。このへんはものすごい綺麗な山水なのでご飯が美味しいし、綺麗な水で作るお茶やコーヒーもずば抜けて美味しいです。
間違いなく今年のbestモーニング オブ ザ イヤー。究極の贅沢な朝を楽しみました。


隣の畑で採れた米、山で採れた野菜、新鮮な魚、すべて美味しい水で料理!夕飯も朝ごはんも贅沢の極みです。



この民泊のオーナーの川原ご夫妻。10年前、まだ宮川村だった頃大阪より移住、3年かけてこの家を手に入れて民泊を開いたそうです。老後は自給自足で田舎でのんびりと過ごそうといろんな土地を趣味の山登りをしながら訪れこの大台町に行き着いたと、楽しそうに話してくれました。

彼らの暖かい人柄が宿の随所に散りばめられていてものすごく居心地がよく、たった1泊なのに芯からリフレッシュできました。

改めて、昔からあるものって芯から響くと実感。囲炉裏の炭の熱で部屋中が温まり、薪で炊いた山水を使った風呂は体の芯から温まる。



宿の近くはこんな感じ、空気がものすごく澄んでいます。

もっと宿でゆっくりしていたい気持ちを抑えて、アウトドアフェスティバルのメイン会場やアクティビティーの会場を大山さんと一緒にまわる。




ここはダム湖。フラットな水面なのでSUP体験会やモンスターSUPクルーズに最適でここが入水ポイントとなるそう。
ん!?この緩やかで長いスロープ、、
水際にジャンプ台を作れば相当面白いコンテンツになる。
「これジャンプ台作ってスケボーとかママチャリでジャンプコンテストしましょう」
「あはは」
「いや本気で」

やります。ベニヤを敷いてランプ作って飛距離と面白さを競うワンメイク大会。フェスの目玉の一つになるはず。カテゴリーはママチャリ、スケボー、ローラーブレード、台車、、



移動の途中でアヒルの群れに遭遇


近くに寄っても全く逃げません





そしてここが、彼らがリバーべースを作る場所。左端の東屋の外がすぐ川なのでエントリーが楽です。

この平地にONEWHEELパークができる!バンクも作ってサーフィンの練習もできるしパイロンを並べてスラロームもできる最高の日本初のONEWHEELパークになりそう。

何よりもこの隣が観光客が必ず立ち寄るレストラン。ONEWHEELで楽しんでいるのに惹かれてきてみるとSUPでクルーズができることも告知できる。SUPのお客さんはONEWHEELでトレーニングもできるし、林道クルーズなどで散策もできる。アウトドアアクティビティーの間口を広げるのに最高なツールとロケーション




オススメのお土産。宿で食べたご飯があまりにも美味しかったので買ってみました。



CABBOとONEWHEELが縁で繋がった大台町、本当同じマインドの人たちは日本中どこにいても繋がりますね。3月のアウトドアフェスが楽しみです




久々の、おまけby嫁
もう最近は完成度が高くすごいことになってます。
秋のマロンケーキ







さらに久々のニコ。最近ちょっと老けました





2016-11-17

Taipei-Tokyo " A street dog and sky-scrapers"





2泊3日の台湾出張終了!帰ってきました。


 A street Dog and sky-scrapers

深夜、ホテルへの帰り道に必ずいた野良犬は絶妙な距離感を保ちながらしばらく一緒についてくる。この犬の後ろに見えるのは最近台湾で急増してきた新富裕層のための豪華高層マンション、ドアマンが何人もいてホテルのようなロビーを構え、普通に何10億もするそう。そのマンションの前を飄々と歩いているこの犬に会うのが仕事帰りの密かな楽しみでした。別になついてるわけでもないけど。

野良犬がいる場所ってなぜかホッとする。

子供の頃は当たり前にそこらじゅうにいた野良犬。強烈に覚えてるのが近所にいた「狂犬病のジョン」動くもの全て追っかけて噛んでやるぞ!的なアブない犬でみんな知ってました。さっきそこで犬が追っかけてきた!「あ〜ジョンね、はは」みたいな。今考えるとみんな知ってるんだからなんとかしろよって思うけど、いるものはしょうがないね、っていう変ないい加減な包容力。子供が怪我したら困るから保健所に連れて行ってもらおうみたいなアホな大人は昔はいなく、噛まれた子供が悪いっしょ、で済ましちゃう。(実際に僕も追っかけられて噛まれました笑)

台北にはそういう包容力がまだたくさんあるから雑多な中にも温もりを感じる瞬間が多々ある。素敵な街だ




明日、明後日は三重に行ってきます!


























Taipei (half) day off







昨日のデパートの営業終了後から今日の開店時間まで夜通しの作業で(僕は一度帰って寝ました)ほぼ完成しました!

「ほぼ」って言うのは業者さんが床材足りないって言ったり、アプルーバルとってたデコレーションがデパート側にダメって言われたりとまあ海外現場では良くある感じな事項達。

なんとか無事に北海道美食展スタート!

台湾にはちょくちょく来てるのですがほとんど観光したことないので午後はバルーンチームと小籠包&観光へ。





細い道に入れば入るほど魅力的な佇まいを見せる台北、天気もいいのでただ歩いてるだけでも楽しいです。バルーンチームの3人は完全に徹夜なのに元気いっぱい







路地裏の雑多感が趣があるのでついいろんなところ写真に撮っちゃいます






で、最初に行ったのはここ。路地裏にひっそりとある超こだわりの文房具屋。僕は仕事柄文房が大好きで非常にこだわりがあります。ここでは日本製の素材でmade in taiwanのハサミを買おうと尋ねました。最近ハマってる切り絵用。




文房具が大好きなデザイナーの夫婦が経営してるだけあって店内はかなりイケてます。目当てのハサミもノーマルとロングを両方ゲット。切れ味最高!

この後はみんなで散策しながらカフェでまったりと過ごし夕方アートギャラリーを見に行く途中に






こんなぶっ飛んだ建物を発見。覗いてみるとなんとレストラン。中に入ると中央の吹き抜け部分に池があり、螺旋階段を上っていき下を見ると



こんな感じ。写真で見ると全く遠近感がつかめずよくわからないですね。
どこを見ても直線、並行、直角がなくすべて有機体の集合みたいな感じで生き物のような建物です。






博物館のようなオブジェに埋もれるようにテーブルが配置されてます。
ここで晩御飯食べたのですが、美味しかった!本当台湾はご飯ハズレがないです


4人で食卓囲んでる写真撮ろうねって言って結局食べるの夢中で昼も夜も失敗。夜は料理すら写真撮り忘れ。